チャ遺伝資源におけるチャノミドリヒメヨコバイの食害被害程度と食痕数について

チャ遺伝資源におけるチャノミドリヒメヨコバイの食害被害程度と食痕数について

レコードナンバー850340論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014779NACSIS書誌IDAN00055757
著者名萬屋 宏
田中 淳一
書誌名九州病害虫研究会報
別誌名Proceeding of the Association for Plant Protection of Kyushu
発行元九州病害虫研究会
巻号,ページ58巻・ p.93-99(2012-11)ISSN03856410
外部リンク
全文表示PDFファイル (2292KB) 
抄録チャノミドリヒメヨコバイは,年間6回以上も世代交代するチャの難防除害虫であり,本種に対する多大な防除コストが茶生産現場において大きな問題となっている。そこで本種に抵抗性を持つチャ品種の育成にむけて,育種素材となりうるチャ遺伝資源を探索した。野茶研枕崎茶業研究拠点のチャ遺伝資源の中から本種の食害被害が少なく本種に抵抗性を持つことが期待できる3系統を達観調査で選抜し,これら3系統と比較品種「やぶきた」について食害耐性および抗寄生性の評価として食痕数を比較する飼育実験を行った。その結果,この3系統は,いずれも食害を受けても「やぶきた」で見られた茎の枯死がなく,葉脈の褐変程度が非常に小さいことから食害耐性があることが分かった。また各系統は,「やぶきた」よりも食痕数が著しく少ないことから餌資源としてあまり利用されておらず,抗寄生性があることが分かった。
索引語やぶきた;チャノミドリヒメヨコバイ;本種;チャ遺伝資源;抵抗性;食害耐性;抗寄生性;褐変程度;食害被害程度;チャ
引用文献数7
登録日2013年07月12日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat