キャベツ内部黒変症状と細胞死の関係

キャベツ内部黒変症状と細胞死の関係

レコードナンバー850394論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名飯塚 正英
瀬山 祥平
鈴木 修
小泉 丈晴
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ12巻・ 1号, p.109-114(2013-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (2345KB) 
抄録寒害と思われるキャベツ内部黒変症状の発生原因究明を目的に,内部黒変症状発生個体の観察,キャベツ結球内部の温度変化,植氷がキャベツ葉の斑点形成に及ぼす影響について検討した。冬季のキャベツ結球内空隙では水滴の凍結が観察された。結球内空隙では晴天時に急激な温度上昇がみられた。キャベツ葉を-5℃で植氷すると60分でほぼ全葉で斑点形成が認められた。凍結後,-5℃から20℃の環境に移したところ,死細胞の発生が認められた。急激な融解が細胞を損傷させたものと考えられた。このことから,結球内空隙の水滴の凍結と急速融解は死細胞発生の原因となることが明らかになり,キャベツ内部黒変症状はこの現象による死細胞発生と関連があることが示唆された。
索引語キャベツ内部黒変症状;植氷;結球内空隙;凍結;観察;キャベツ葉;斑点形成;水滴;死細胞発生;冬季
引用文献数17
登録日2013年07月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat