関東で栽培したウコン類のクルクミン類の含量および抗酸化能の比較

関東で栽培したウコン類のクルクミン類の含量および抗酸化能の比較

レコードナンバー850404論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名森下 敏和
山口 博康
出花 幸之介
清水 明美
中川 仁
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ82巻・ 1号, p.56-62(2013-01)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (403KB) 
抄録アキウコン11系統,ハルウコン6系統,ガジュツ3系統を供試して関東(茨城県)で2004年と2005年の2年間,クルクミン類(curcumin,monodemethoxycurcumin,bis-demethoxycurcumin)の含量と抗酸化能を調査した。アキウコンは国内産と台湾産を中心とした8系統から成る総クルクミン含量が200~700mg/100g乾物重(DW)のグループ(アキウコンI)と,東南アジアの3系統から成る1800mg/100gDW以上のグループ(アキウコンII)に分けられた。ハルウコンは6系統とも総クルクミン含量が50~100mg/100gDWでアキウコンIより低かった。ガジュツ3系統のうち2系統はクルクミン類を含まなかったが1系統は約1500mg/100gDW含んでいた。またクルクミン類の各成分の含有比はアキウコンIとIIで異なっていた。大部分の系統は2004年よりも2005年の方がクルクミン類の含量と抗酸化能が高かったが,年次相関は有意であり,年次変動は大きくてもグループ間の序列は安定であった。色彩値からはクルクミン類の含量が推測可能となる精度は得られなかったが,グループの区別は可能であった。
索引語クルクミン類;含量;抗酸化能;グループ;関東;総クルクミン含量;供試;アキウコン;II;栽培
引用文献数20
登録日2013年07月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat