沖縄県の酸性土壌における炭酸カルシウムおよびリン酸の施用が数種暖地型イネ科牧草の生育に及ぼす影響

沖縄県の酸性土壌における炭酸カルシウムおよびリン酸の施用が数種暖地型イネ科牧草の生育に及ぼす影響

レコードナンバー850418論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名屋良 朝宣
川本 康博
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ58巻・ 4号, p.221-229(2013-01)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (710KB) 
抄録酸性赤黄色土壌の国頭マージ土壌における土壌pHの矯正と可給態リン酸含量との関係から炭酸カルシウムおよびリン酸の至適施用量を明らかにするために,スーダングラス(品種リッチスーダン),シグナルグラス(品種Basilisk)およびパンゴラグラス(品種トランスバーラ)を用いたポット栽培試験を行った。炭酸カルシウムの施用に伴い,土壌中の交換性アルミニウム含量は著しく低下した。炭酸カルシウムによるpH矯正は,スーダングラスの生育に対しては極めて効果的であるが,シグナルグラスとパンゴラグラスに対しては,有意な効果を及ぼさないことが明らかとなった。また,基肥としてのリン酸の至適施用量は,スーダングラスではpH矯正を行い,可給態リン酸含量を増加させることで生育を促進させるが,パンゴラグラスとシグナルグラスではpH矯正を行わずとも,それぞれ2.1および2.3mg P2O5/100g乾土以上であれば良好な生育がもたらされる。
索引語パンゴラグラス;炭酸カルシウム;生育;リン酸;可給態リン酸含量;至適施用量;pH矯正;スーダングラス;シグナルグラス;施用
引用文献数49
登録日2013年07月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat