メタン発酵消化液の施用が南九州におけるトウモロコシ―イタリアンライグラス体系の収量性と飼料品質に及ぼす影響

メタン発酵消化液の施用が南九州におけるトウモロコシ―イタリアンライグラス体系の収量性と飼料品質に及ぼす影響

レコードナンバー850419論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名井戸田 幸子
浅野 陽樹
霧村 雅昭
杉本 安寛
石井 康之
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ58巻・ 4号, p.230-240(2013-01)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (738KB) 
抄録トウモロコシ―イタリアンライグラス体系におけるメタン発酵消化液(消化液)の2年間の連用施肥効果を,化成肥料単独施用(化成区)および慣行施肥(牛糞堆肥と化成肥料の併用,慣行区)と比較した。消化液の施用量は,標準,多および極多区(それぞれ40,70および100gN/m2/年)の3水準とした。化成区では標準区と同量(40gN/m2/年)のN施用量とし,慣行区では69.2gN/m2/年で,多区とほぼ同量のN施用量であった。その結果,消化液は短期的には同量の無機養分を含有する化成肥料と同等の肥効を有し,南九州のトウモロコシ―イタリアンライグラス体系での適正な消化液の施用量は,収量,発酵品質,安定性,見かけのN回収率および環境への影響などを総合的に判断すると年間40gN/m2以下が望ましいと推察された。
索引語消化液;年;施用量;トウモロコシ;イタリアンライグラス体系;同量;メタン発酵消化液;南九州;影響;化成肥料
引用文献数34
登録日2013年07月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat