外来樹木ニセアカシア河畔林への在来木本種の定着

外来樹木ニセアカシア河畔林への在来木本種の定着

レコードナンバー850505論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007967NACSIS書誌IDAN00124077
論文副題エノキとヌルデを例に
著者名黒河内 寛之
書誌名森林立地
別誌名Japanese journal of forest environment
森林立地学会誌
発行元森林立地墾話会
巻号,ページ54巻・ 2号, p.101-106(2012-12)ISSN03888673
全文表示PDFファイル (491KB) 
抄録侵略的外来樹木ニセアカシアの優占する群落内に,他樹種がいつ定着し,どのように成長するのかについての知見を得るために,長野県千曲川中流域の大規模なニセアカシア林内にて,ニセアカシア以外の木本植物の定着有無および定着過程を調査した。3カ所のニセアカシア河畔林内(計3,600m2)を調査したところ,ニセアカシアは728個体確認され,ニセアカシア以外に6科6属6種265個体の木本植物が確認された。特に,エノキは19個体,ヌルデは229個体と比較的多くの個体が定着していて,この2種について定着過程を解析した。先ず,エノキの樹高成長を年単位で調べたところ,樹高1mになるのに2~3年必要で,これは周囲のニセアカシアと同程度であった。さらに,樹齢分布を調べたところ,エノキとその周囲のニセアカシアとの樹齢階級は同程度であった。これらから,初期成長が早いエノキは,ニセアカシアが倒木や伐採などの撹乱を受けた際にニセアカシア林内へ定着できたと推測される。一方,ヌルデの水平根の追跡から3つのジェネットが確認され,大部分のヌルデはいずれかのジェネットからのラメットであった。また,樹長成長解析から,ニセアカシア林内のヌルデは樹長1mになるのに3~6年必要で,成長が悪かった。さらに,樹齢解析からニセアカシア林内のヌルデは若い個体が多かった。これらから,ヌルデは,ニセアカシア林冠下で成長は悪いが,水平根由来の栄養繁殖能によりニセアカシア林内での個体数維持を可能にしたと推測される。
索引語ニセアカシア;ヌルデ;エノキ;ニセアカシア林内;確認;個体;これら;ジェネット;定着;成長
引用文献数29
登録日2013年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat