北海道上川管内の酪農家および獣医師を対象とした乳熱予防に関するアンケート調査

北海道上川管内の酪農家および獣医師を対象とした乳熱予防に関するアンケート調査

レコードナンバー850543論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038563NACSIS書誌IDAA12483687
著者名八木沢 拓也
福田 卓巳
大倉 徳太
書誌名産業動物臨床医学雑誌 = Japanese journal of large animal clinics
発行元日本家畜臨床学会
巻号,ページ3巻・ 4号, p.181-186(2012-12)ISSN1884684X
外部リンク
全文表示PDFファイル (464KB) 
抄録乳熱は,分娩時の泌乳開始に伴うカルシウム(Ca)要求量の増大によって発症する代謝性疾患として広く知られている。これまで本疾病の予防には,分娩前のCa制限飼料の給与,ビタミンD3(VD3)の投与,Dietary Cation Anion Difference(DCAD)飼料の給与および分娩後のCa製剤の経口投与などが行われてきたが,その効果はかならずしも十分なものではなかった。また近年,一頭あたりの乳量は年々増える傾向にあり,乳熱の発症リスクはさらに高まっていると考えられるが,実際のところ乳熱の発症はそれほど増加していない。そこで今回,乳熱予防に関する酪農現場の現状を把握することを目的として,北海道でも高泌乳地域にあたる上川管内において酪農家および獣医師に対するアンケート調査を実施した。調査対象は管内から無作為に抽出した82戸の酪農家および管内所在の8診療所に所属する全てのNOSAI獣医師41名とし,アンケート用紙に基づいた聞き取り調査ないし留置き調査を行った。酪農家および獣医師に対する質問は各5問である。酪農家へは,(1)プロフィール(2)実際に取り組んでいる予防法(3)予防の満足度(4)分娩後Ca製剤投与依頼の有無(5)重要と考える周産期疾病の順位を,獣医師へは,(1)経験年数(2)効果の高いと感じた予防法の順位(3)予防法の満足度(4)乳熱予防の指導有無(5)分娩後Ca製剤投与依頼の有無の回答を求めた。調査の結果,多くの酪農家が分娩前にCa制限飼料の給与やVD3の投与といった従来の予防法に加えて,分娩後にCa製剤を静脈内もしくは皮下に投与していることが明らかとなった。また,この予防効果に対する酪農家の満足度は,経済的な損失が大きく,予防が難しい繁殖障害,乳房炎,跛行などの疾病に比べて概ね高かった。獣医師もこれらの組み合わせによる予防効果が高いと感じ,酪農家に対し,分娩後の乳牛にCa製剤を非経口的に投与することを指導していることが分かった。分娩後のCa製剤非経口投与は乳熱を予防している可能性が示唆された。
索引語酪農家;分娩後;獣医師;予防;投与;予防法;乳熱予防;乳熱;Ca製剤;給与
引用文献数25
登録日2013年07月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat