2009年ブドウ灰色かび病多発年の気象条件再現による感受性品種「キャンベル・アーリー」の花穂被害の原因解析

2009年ブドウ灰色かび病多発年の気象条件再現による感受性品種「キャンベル・アーリー」の花穂被害の原因解析

レコードナンバー850606論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名忠 英一
内藤 誠
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ63号, p.121-123(2012-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (480KB) 
抄録2009年に青森県南部地方において「キャンベル・アーリー」の花穂が,灰色かび病により甚大な被害を受けた。要因の一つとして「新梢伸長期」から「開花10日前」の降雨を伴った低温多湿の気象条件が考えられた。そこで2011年に「新梢伸長期」,「開花10日前」および「開花直前」の花穂をそれぞれ採取し,人工的な低温多湿条件下(温度13℃湿度90%)において,花穂被害の発生経過を調査した。その結果,いずれの時期に採取した花穂も灰色かび病菌が既に付着,または感染していたと推定され,多くの花穂が激しく発病した。以上の結果から「新梢伸長期」から「開花10日前」頃にかけての降雨を伴った低温多湿条件が,2009年における花穂被害の多発要因の一つであると結論した。また,「新梢伸長期」から「開花直前」の時期が重要な防除時期であるという従来の知見が再確認された。
索引語キャンベル・アーリー;花穂;花穂被害;降雨;採取;気象条件再現;感受性品種;原因解析;被害;灰色かび病
引用文献数4
登録日2013年07月31日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat