メッシュ気温データを用いたフタオビコヤガ発生時期の推定

メッシュ気温データを用いたフタオビコヤガ発生時期の推定

レコードナンバー850612論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名横山 克至
中島 具子
佐藤 智浩
梁瀬 正裕
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ63号, p.145-149(2012-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (689KB) 
抄録近年,山形県では水稲害虫フタオビコヤガが発生拡大しており,地形の複雑な山形県においては,同一地域内においても標高の違いに起因する気温経過の違いにより,本種の発生時期に違いが認められる。そこでメッシュ気温データによって本種の発生時期を推定する方法について検討した。メッシュ気温データ(東北農業研究センター提供)および近傍のアメダス気温データを用い,本種の発育零点および有効積算温度により,越冬世代~第2世代の羽化時期を推定し,フェロモントラップ調査による雄成虫誘殺盛期と比較することにより山形県内における適合性を検討したところ,メッシュ気温データを用いることにより高い適合性が得られた。
索引語メッシュ気温データ;推定;違い;本種;山形県;検討;適合性;水稲害虫フタオビコヤガ;越冬世代;第2世代
引用文献数5
登録日2013年07月31日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat