施設栽培シシトウのミカンキイロアザミウマ防除に有効なアカメガシワクダアザミウマの放飼頭数

施設栽培シシトウのミカンキイロアザミウマ防除に有効なアカメガシワクダアザミウマの放飼頭数

レコードナンバー850618論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名櫻井 民人
勝山 直樹
津田 新哉
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ63号, p.177-180(2012-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (562KB) 
抄録施設栽培シシトウにおいて害虫アザミウマ類に対するアカメガシワクダアザミウマの効果的な放飼頭数を検討した。ポット株へのミカンキイロアザミウマ成虫の放飼7日後,アカメガシワクダアザミウマ成虫を異なる頭数(4,6,8頭/株,各区雌雄同数)で放飼したところ,ミカンキイロアザミウマの密度はすべての放飼区で対照区(天敵無放飼区)に比べて低く維持されたが,4,6頭放飼区では8頭放飼区に比べてミカンキイロアザミウマ密度が時間の経過とともに上昇した。シシトウ被害果の発生も同様であった。アカメガシワクダアザミウマは6,8頭放飼区で多く観察されたが,成虫密度は6頭放飼区より8頭放飼区で高い傾向があった。これらの結果は,施設栽培シシトウにおいてミカンキイロアザミウマ密度を低く維持するためには,アカメガシワクダアザミウマを株あたり8頭放飼し,成虫密度を高く維持することが効果的であることを示している。
索引語アカメガシワクダアザミウマ;施設栽培シシトウ;維持;放飼頭数;放飼;ミカンキイロアザミウマ密度;成虫密度;頭数;株;ミカンキイロアザミウマ
引用文献数12
登録日2013年07月31日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat