多様な条件下でのシミュレーションによるスギ人工林の伐期と間伐体系の検討

多様な条件下でのシミュレーションによるスギ人工林の伐期と間伐体系の検討

レコードナンバー850696論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名當山 啓介
龍原 哲
白石 則彦
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ94巻・ 6号, p.269-279(2012-12)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (4668KB) 
抄録林業収益に影響を与える多数の条件因子を柔軟に扱える単一林分経営シミュレーターを構築し,収益性確保のために有利な条件や間伐体系・伐期の探索を行った。伐出作業には車両系作業システム,対象森林は山形県のスギ人工林を想定した。1%といった低い割引率を想定する際は,ほぼ全ての条件下において計算上の上限である110年を伐期とする場合に最も高い収益性を示した。高い割引率においては,土地期望価が負となって再造林の動機づけが困難となる場合がほとんどであった。間伐体系については,利用間伐を1回のみ行うのが最適だとした場合が最も多く,利用間伐3回が最適となる条件は道の開設維持費を含む伐出条件や補助制度が有利な場合に強く限定された。皆伐を避けて利用間伐を多回数繰り返すという現政策で推進されている森林管理方針は,費用のかかり増しがあるため収益面で有利といえない状況が多いと考えられる。
索引語伐期;間伐体系;最適;条件下;スギ人工林;条件;利用間伐;想定;割引率;伐出作業
引用文献数33
登録日2013年08月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat