トマト葉かび病抵抗性遺伝子(Cf-9)を検出する共優性マーカーの開発

トマト葉かび病抵抗性遺伝子(Cf-9)を検出する共優性マーカーの開発

レコードナンバー850974論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名福田 至朗
黒柳 悟
田中 哲司
浅見 逸夫
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ44号, p.1-6(2012-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (550KB) 
抄録トマト品種を効率的に選抜するためには、DNAマーカーの利用が有効である。トマト葉かび病抵抗性遺伝子(Cf-9)を選抜できる共優性のDNAマーカーの開発のため、Cf-9とそのホモログ遺伝子(Hcr9-9A、Hcr9-9B、Hcr9-9D、Hcr9-9E)との塩基配列の比較から、Cf-9およびcf-9を特異的に増幅することのできるプライマーセットを設計した。これを用いてPCR反応を行った後、制限酵素HpyCH4Vで切断すると、抵抗性遺伝子(Cf-9)では294bpと194bpの2つに切断されたDNA断片、罹病性遺伝子(cf-9)では制限酵素では切断されず、488bpのDNA断片が検出された。罹病性の「桃太郎8」と抵抗性の「フルティカ」の交雑F2世代を用い、本マーカーと既報のDNAマーカーによる遺伝子型を比較した結果、すべての個体で一致した。
索引語DNAマーカー;切断;トマト葉かび病抵抗性遺伝子;検出;開発;選抜;比較;DNA断片;共優性;用いてPCR反応
引用文献数14
登録日2013年08月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat