ダイズほ場に発生するマメノミドリヒメヨコバイとその寄生蜂キマダラカマナシカマバチの発生消長および寄生動態と殺虫剤処理の影響

ダイズほ場に発生するマメノミドリヒメヨコバイとその寄生蜂キマダラカマナシカマバチの発生消長および寄生動態と殺虫剤処理の影響

レコードナンバー850977論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名西本 浩之
落合 幾美
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ44号, p.19-27(2012-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (948KB) 
抄録2009年から2011年の3年間に愛知県のダイズほ場において、マメノミドリヒメヨコバイとその寄生蜂キマダラカマナシカマバチの発生消長および寄生動態と殺虫剤散布の影響について調査を行った。殺虫剤無処理ダイズほ場におけるマメノミドリヒメヨコバイ成虫個体数は9月以降に増加し、9月中旬から10月上旬にピークを迎えた。予察灯によるミドリヒメヨコバイ類の誘殺個体数は6月から9月までに3回のピークを示し、ほ場での発生消長を考慮すると、少なくとも4世代以上であることが確認された。9月上・中旬のマメノミドリヒメヨコバイに対するカマバチ寄生率は20%以上で推移し、同時期各年の最高寄生率はそれぞれ34.2、44.3、44.1%であった。9月中旬以降の寄生率の低下とマメノミドリヒメヨコバイの個体数の増加から、ダイズほ場のマメノミドリヒメヨコバイ個体数は、カマバチの寄生によってある程度制御されていると考えられる。マメノミドリヒメヨコバイの雌雄に対するカマバチの寄生選好性は認められなかったが、寄生部位は腹部右側より左側が多い傾向がみられた。ネオニコチノイド系殺虫剤であるチアメトキサム水和剤種子処理はマメノミドリヒメヨコバイ成虫の個体数に長期間大きな影響を与え、結果的にキマダラカマナシカマバチの個体数も少なくなることが明らかになった。
索引語マメノミドリヒメヨコバイ;個体数;寄生蜂キマダラカマナシカマバチ;ダイズほ場;発生消長;影響;カマバチ;寄生動態と殺虫剤処理;発生;増加
引用文献数10
登録日2013年08月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat