キトサン添加飼料の給与がウズラの卵胞発育に及ぼす影響

キトサン添加飼料の給与がウズラの卵胞発育に及ぼす影響

レコードナンバー851023論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013930NACSIS書誌IDAN00038339
著者名橋口 峰雄
書誌名香川大学農学部学術報告
別誌名Technical bulletin of Faculty of Agriculture, Kagawa University
Kagawa Daigaku Nôgakubu gakujutsu hôkoku
発行元香川大学農学部
巻号,ページ65巻・ p.5-10(2013-02)ISSN03685128
全文表示PDFファイル (577KB) 
抄録メスウズラに2%と4%のキトサンを添加した飼料を21日齢から性成熟(産卵開始)まで給与し,キトサンが性成熟の発現と卵胞の発育に及ぼす影響を調査した。性成熟到達日齢はキトサンの投与により有意に遅延した。しかし,性成熟時における体重はキトサンの投与量により差異はみられなかった。卵巣重量はキトサンの投与により低くなり,また第3から第5番目に大きい卵胞の重量はキトサンの投与により軽くなった。卵黄の脂肪とコレステロール濃度はキトサンの投与により変化しなかった。これらのことから,キトサンはウズラの卵胞の発育を抑制するが,卵黄の脂肪とコレステロール濃度には影響しないことが示唆された。
索引語キトサン;投与;影響;卵胞;給与;ウズラ;性成熟;発育;卵黄;脂肪
引用文献数22
登録日2013年08月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat