ODS系カラムによるビタミンCの高速液体クロマトグラブィー分析

ODS系カラムによるビタミンCの高速液体クロマトグラブィー分析

レコードナンバー851074論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名永田 雅靖
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ60巻・ 2号, p.96-99(2013-02)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (438KB) 
抄録HPLCによるアスコルビン酸およびデヒドロアスコルビン酸の同時定量法を検討した。Yasuiら(1991)の方法をもとに,原報の樹脂カラムとは異なる分離モードのODSカラムの中から最適な分離を示すカラムを選択した。カラムにImtakt Unison UK-C18(3μm,4.6mm×150mm)を用い,Yasuiらと同じ溶離液:2mM HClO4 1.0mL/min,ポストカラム反応液:100mM NaOH,100mM NaBH4 0.5ml/min,検出:UV300nmの条件で,従来の方法よりもピークの分離が大きく改善し,分析時間も短くなった。
索引語カラム;分離;方法;HPLC;分析時間;ODS系カラム;ビタミンC;高速液体クロマトグラブィー分析;アスコルビン酸;デヒドロアスコルビン酸
引用文献数13
登録日2013年08月15日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat