日常食品中の金属分析法の検討について

日常食品中の金属分析法の検討について

レコードナンバー851186論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008623NACSIS書誌IDAA11907573
著者名森 香織
岩嶋 優依
安永 恵
石川 順子
氏家 あけみ
書誌名香川県環境保健研究センター所報 = Annual report of Kagawa Prefectural Research Institute for Environmental Sciences and Public Health
発行元香川県環境保健研究センター
巻号,ページ11号, p.109-111(2012-12)ISSN1347698X
全文表示PDFファイル (271KB) 
抄録1985年より継続している日常食品中の汚染物摂取量調査(TDS)において,2010年にFeとCrの分析をICP-MSでの一斉法に変更した。その影響について標準試料を用いて検討を行ったところ,変更後いずれも測定値は認証値に近づいた。実際のTDSの試料を用いたところ,変更前後で概ね同等の値が得られた。このことから,これらの分析方法の変更は問題ないものと思われる。また以前から香川県ではAsの分析にICP―MS法を用いている。これと,一般的な水素化物発生原子吸光光度法を比較するため,標準試料と試料を用いて分析したところ,若干の差はみられるものの概ね同等の分析結果が得られた。
索引語試料;分析;変更;TDS;標準試料;検討;Cr;MS;用いて検討;変更前後
引用文献数2
登録日2013年08月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat