新しく開発された除湿性および保温性の被覆資材を使ったトンネル被覆が単為結果性トマト品種‘京てまり’冬季無加温栽培での果実生産に及ぼす影響

新しく開発された除湿性および保温性の被覆資材を使ったトンネル被覆が単為結果性トマト品種‘京てまり’冬季無加温栽培での果実生産に及ぼす影響

レコードナンバー851293論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名片岡 圭子
西川 浩次
滝澤 理仁
札埜 高志
池永 和義
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ12巻・ 2号, p.141-146(2013-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (655KB) 
抄録単為結果性トマト品種‘京てまり'の冬季無加温栽培の収量と品質の向上を目的に,新たに開発されたポリビニールアルコールフィルムとポリクロスを貼り合わせた厚さ25μmのフィルム(以下PVAとする)を用い,無加温プラスティックフィルムハウス内にトンネル状に被覆して,果実生産に及ぼす影響を2011年10月~2012年3月まで調査した。トンネルの被覆資材の対照として,市販の塩化ビニールフィルム(以下PVCとする)を用いた。PVAは,PVCと比較して,2,500~25,000nmの赤外線域の光線透過率が低く,保温性が高いと考えられた。PVAおよびPVCによるトンネル被覆によって0.5~2.8℃気温が上昇し,5℃以下の低温遭遇時間はPVAの被覆によってより短くなった。PVAの被覆ではPVCよりもトンネル内の相対湿度が低く,日最高気温が低いなどの特徴がみられた。PVA被覆によって収穫果数は増加し,特に3月の収穫果数の増加が顕著だったが,小さい果実の占める割合が高くなった。糖度は,PVAによって被覆するとPVCによる被覆よりも,どの月でも有意に高かった。これらの結果から,この新たに開発されたフィルムによるトンネル被覆は,トマト‘京てまり'の冬季無加温栽培における収穫果数および品質の向上に有効であると考えられた。
索引語PVA;京てまり;冬季無加温栽培;被覆;開発;トンネル被覆;フィルム;保温性;被覆資材;果実生産
引用文献数14
登録日2013年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat