キクの花芽分化抑制における暗期中断電照の波長の影響

キクの花芽分化抑制における暗期中断電照の波長の影響

レコードナンバー851297論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名白山 竜次
永吉 実孝
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ12巻・ 2号, p.173-178(2013-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (659KB) 
抄録秋輪ギク‘新神2’および夏秋輪ギク‘岩の白扇’を用いて,花芽分化抑制における光源の波長と抑制効果について検証を行った。光源は電球形LEDランプを用いて,光源ピーク波長実測値516,593,630,663,684および705nmの6種類を供試した。その結果,‘新神2’および‘岩の白扇’ともにピーク波長593,630および663nmが抑制効果が認められ,最も抑制効果が高かったのは‘新神2’では630nm,‘岩の白扇’では,593および630nmであった。また‘新神2’および‘岩の白扇’を用いて,暗期中断光源をR光単照射とR光+FR光の混合光とで花芽分化抑制効果を比較したところ,‘新神2’ではR単色光とR光+FR光の混合光に花芽分化抑制効果の差は認められなかったが,‘岩の白扇’ではR単色光よりもR光+FR光の混合光が抑制効果が高かった。
索引語岩の白扇;R光+FR光;混合光;R光+FR光;R光+FR光;抑制効果;R単色光;花芽分化抑制;波長;光源
引用文献数23
登録日2013年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat