カワハギのβ溶血性レンサ球菌症に対する市販ヒラメ用ワクチンの有効性

カワハギのβ溶血性レンサ球菌症に対する市販ヒラメ用ワクチンの有効性

レコードナンバー851339論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名石井 佑治
山田 敏之
杉原 志貴
高見 生雄
菅 向志郎
金井 欣也
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ48巻・ 1号, p.29-31(2013-03)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (381KB) 
抄録市販ヒラメ用β溶血性レンサ球菌症ワクチンがカワハギのS. iniae感染症に有効か否かを検討した。まず,攻撃方法を決定するためにカワハギ由来のS. iniaeを用いて人為感染試験を行った。その結果,筋肉接種法では10 2 CFU/100g魚体重の攻撃菌数で死亡率は90%となった。一方,浸漬法では攻撃菌数10 8 CFU/mL,浸漬時間30分間でも死亡率は60%にとどまった。ワクチンの有効性試験では常用量およびその1/10量による免疫で有効性が確認された。常用量で免疫し,2週間,1か月,3か月および7か月後に攻撃試験を行って予防効果を調べたところ,どの時点でも有効率(RPS)は80%以上であった。以上の結果から,ヒラメβ溶血性レンサ球菌症不活化ワクチンはカワハギのS. iniae感染症に有効であり,免疫効果が長期間持続することが示された。
索引語カワハギ;有効性;免疫;iniae感染症;死亡率;常用量;用いて人為感染試験;攻撃菌数;CFU/mL;ワクチン
引用文献数12
登録日2013年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat