形状の異なる飼料用米の給与が肉豚の発育と肉質に及ぼす影響

形状の異なる飼料用米の給与が肉豚の発育と肉質に及ぼす影響

レコードナンバー851349論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009961NACSIS書誌IDAA11834673
著者名石川 翔
龍田 健
書誌名兵庫県立農林水産技術総合センター研究報告. 畜産編
発行元兵庫県立農林水産技術総合センター
巻号,ページ49号, p.6-10(2013-03)ISSN13477730
全文表示PDFファイル (457KB) 
抄録70%のトウモロコシを含む配合飼料を給与する対照区と,飼料用米を籾米の状態で粉砕し配合飼料中のトウモロコシと30%代替して給与する籾米粉砕区,全粒玄米で30%代替して給与する玄米全粒区,粉砕した玄米で30%代替して給与する玄米粉砕区を設け,32頭の肥育後期豚(体重約70kg-105kg)に給与し,発育及び肉質を調査したところ,以下の結果が得られた。1 いずれの区の飼料も嗜好性に問題はなく,各区とも健康状態は良好であった。2 日増体重は各区に有意差がなかったが,飼料要求率は玄米粉砕区が優れる傾向であった。3 玄米全粒区の糞便には未消化の玄米が多く排出された。4 枝肉成績及び肉質成績は各区に有意差が認められなかった。
索引語給与;玄米;代替;各区;肉質;飼料用米;発育;粉砕;トウモロコシ;玄米全粒区
引用文献数11
登録日2013年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat