日本海におけるサワラの雌の成熟と産卵

日本海におけるサワラの雌の成熟と産卵

レコードナンバー851362論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038127NACSIS書誌IDAA12464809
著者名藤原 邦浩
佐藤 翔太
戸嶋 孝
木所 英昭
書誌名京都府農林水産技術センター海洋センター研究報告
発行元京都府農林水産技術センター海洋センター
巻号,ページ35号, p.13-18(2013-03)ISSN03865290
外部リンク
全文表示PDFファイル (2477KB) 
抄録日本海で漁獲されたサワラの雌の卵巣に関する組織学的観察および産卵期における漁獲状況を調査し、日本海におけるサワラの成熟、産卵特性を明らかにした。調査したサワラの雌のうち、日本海での産卵が示唆された個体はわずか1尾であり、多くは産卵可能となる段階までは成熟が進んでいなかった。日本海でサワラの漁獲が急増して10年以上が経過するが、現在でも、日本海に分布するサワラの主たる産卵場は、日本海以外にあると考えられる。
索引語日本海;サワラ;雌;成熟;産卵;漁獲;調査;産卵期;段階;卵巣
引用文献数18
登録日2013年12月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat