4品種の国産イグサの1,1-diphenyl-2-picrylhydrazylラジカル消去能と総フェノール含量

4品種の国産イグサの1,1-diphenyl-2-picrylhydrazylラジカル消去能と総フェノール含量

レコードナンバー851367論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036186NACSIS書誌IDAA12385338
著者名安田 伸
山本 貴大
佐伯 真菜美
小野 政輝
井越 敬司
椛田 聖孝
書誌名東海大学紀要. 農学部
別誌名Proceedings of School of Agriculture Tokai University
東海大学農学部紀要
発行元東海大学農学部
巻号,ページ32巻・ p.13-18(2013-03)ISSN18831516
全文表示PDFファイル (628KB) 
抄録イグサ(Juncus effusus L. var. decipiens Buchen) は歴史的に腎炎や皮膚炎などの疾患に対する薬草として用いられてきたものの,その健康増進作用における科学的なメカニズムは未だ明らかにされていない。われわれは酸化防止の観点よりイグサの機能性について調査を開始することとし,本研究では2011年6月と7月に収穫された4種類の異なるイグサ品種が酸化モデルである1,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl(DPPH)ラジカルに対して抗酸化作用を有するか調べることとした。試験に供した4品種のイグサ抽出物のなかで,6月収穫の「いそなみ」が最大のラジカル消去活性を示し,最低値であった同時期収穫の「ひのみどり」の1.66倍高い値が得られた。「ひのみどり」および「ひのはるか」の2品種は,6月収穫よりも7月収穫のもので高い抗酸化活性を示した。総フェノール含量を測定した結果,6月収穫の「いそなみ」が最大の総フェノール含量を示し,最低値を示した同時期収穫の「ひのみどり」の1.91倍高い値が得られた。「岡山3号」と「ひのみどり」の2品種は,6月収穫よりも7月収穫のもので高いフェノール含量を示した。このとき,イグサのDPPHラジカル消去能と総フェノール含量との間には有意な正の相関性が認められた。以上より,イグサのフェノール性化合物類はその抗酸化能に寄与するものと思われるものの,品種や収穫時期によって異なることが示唆された。
索引語ひのみどり;総フェノール含量;イグサ;6月収穫;値;国産イグサ;収穫;いそなみ;示し;最低値
引用文献数28
登録日2013年12月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat