老朽化農業用排水路の鋼矢板

老朽化農業用排水路の鋼矢板

レコードナンバー851379論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
論文副題コンクリート複合材による保全に関する研究
著者名鈴木 哲也
山岸 俊太朗
森井 俊広
河合 隆行
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ65巻・ 2号, p.165-169(2013-03)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (500KB) 
抄録鋼矢板は農業水利施設の構築において重要な構造材料である。農業水利システムの適切な保全管理には、鋼矢板-コンクリート複合材を用いるなど劣化外力に対する構造部材の保全策が不可欠である。本研究では、鋼矢板水路の長期保全に資する複合材の有効性を検討するため、AE(Acoustic Emission)法を用いた鋼矢板-コンクリート複合材の曲げ載荷における力学特性評価を試みた結果を報告する。実験に供試した既設鋼矢板の腐食量は超音波法により計測した。鋼矢板-コンクリート複合材の破壊過程は、AEパラメータであるCalm比により評価した。Calm比は曲げ試験の荷重-変位過程のAE発生挙動から算出する指標であり、本実験的検討の結果から複合材の破壊過程を定量的に評価できることが確認された。
索引語鋼矢板;コンクリート複合材;複合材;評価;結果;破壊過程;Calm比;法;曲げ載荷;供試
引用文献数8
登録日2013年12月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat