「いろどり」繭層の蛍光色の雌雄差について

「いろどり」繭層の蛍光色の雌雄差について

レコードナンバー851481論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003601NACSIS書誌IDAA1158833X
著者名栗岡 聡
書誌名大日本蚕糸会研究報告
別誌名Journal of Dainippon Silk Foundation
大日本蚕糸会研究報告
発行元大日本蚕糸会
巻号,ページ60号, p.73-76(2012-12)ISSN
全文表示PDFファイル (1615KB) 
抄録「いろどり」繭層の蛍光色の違いは,雌雄の違いによるもので,雌の方が雄に比べて強い蛍光を発する繭をつくることが明らかとなった。雌雄のフラボノール含量を比較すると,雌に由来する繭層の方が含量は多かった。しかし,抗酸化活性を雌雄別に比較した結果,両者の活性には顕著な違いが認められなかったことから,抗酸化活性に関わるフラボノイド含量には雌雄差がないことが示唆された。
索引語蛍光色;繭層;雌雄;違い;いろどり;雌雄差;雌;比較;抗酸化活性;雄
引用文献数1
登録日2013年12月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat