疎植栽培が水稲の生育、収量、品質に及ぼす影響(1)

疎植栽培が水稲の生育、収量、品質に及ぼす影響(1)

レコードナンバー851529論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038346NACSIS書誌IDAA12476648
論文副題疎植栽培における主要品種の生育特性
著者名池尻 明彦
中司 祐典
前岡 庸介
書誌名山口県農林総合技術センター研究報告
別誌名Bull. Yamaguchi Tec Cent Agri Fore
山口農技セ研報
Bulletin of the Yamaguchi Agricultural and Forestry General Technology Center Experiment Station
発行元山口県農林総合技術センター
巻号,ページ4号, p.11-18(2013-03)ISSN21850437
全文表示PDFファイル (823KB) 
抄録県内の主要3品種「コシヒカリ」、「ひとめぼれ」と「ヒノヒカリ」について、密植栽培(22.2株/m2、株間15cm、条間30cm)と比較した疎植栽培(11.1株/m2、株間30cm、条間30cm)の生育特性を明らかにすることを目的に試験を行った。1 3品種ともに疎植栽培は密植栽培に比べて穂数は少ないものの、1穂籾数の著しい増加により、m2当たり籾数が密植栽培並みに確保されることで、収量は低下しなかった。2 玄米タンパクは、疎植栽培にしても高まらないが、穂肥施用量に注意し、粒の充実を良くする必要があった。品質については、「コシヒカリ」と「ヒノヒカリ」では、疎植栽培でも外観品質の低下はなかったが、2次枝梗籾の増えやすい「ひとめぼれ」では、外観品質が低下しやすいので、疎植栽培には適さなかった。
索引語疎植栽培;ヒノヒカリ;外観品質;低下;収量;品質;生育特性;第1報疎植栽培;密植栽培;コシヒカリ
引用文献数11
登録日2013年12月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat