畑地の基盤整備と土壌有機物

畑地の基盤整備と土壌有機物

レコードナンバー851595論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015000NACSIS書誌IDAN00347581
著者名赤坂 浩
書誌名土壌の物理性
別誌名Soil physical conditions and plant growth, Japan
発行元[出版者不明]
巻号,ページ123号, p.19-24(2013-03)ISSN03876012
全文表示PDFファイル (4931KB) 
抄録北海道の畑地で実施している各種基盤整備事業(農業農村整備事業)のうち,有機質資材を用いたオホーツク地域での土壌改良と,疎水材に木質系チップ(カラマツチップ)を用いた上川地域での排水改良の事例について解説した.オホーツク地域の土壌改良では,まず保水性改善のために火山灰を客土し,次いで客土による作土層の腐植含有率低下を補うため,有機質資材(牛糞堆肥)を投入した.施工後の作土層の腐植含有率目標値を5%とすると,計算上は大量(190~350tha-1)の堆肥施用が必要となった.しかし,実際には作物生育と環境負荷への影響を考慮して,一律40tha-1の施用にとどめており,腐植含有率目標値の見直し等の課題が残されている.一方,上川地域の排水改良では,疎水材にカラマツチップを利用すると,工事実施に伴い二酸化炭素として排出される量の約20倍の炭素を畑地下層土に貯留可能と試算され,地球温暖化緩和策として有効である.
索引語畑地;基盤整備;土壌有機物
引用文献数2
登録日2014年01月09日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat