組織学的手法による日本周辺海域におけるカツオ産卵個体の観察

組織学的手法による日本周辺海域におけるカツオ産卵個体の観察

レコードナンバー851681論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名芦田 拡士
増田 傑
御所 豊穂
千歳 倫之
立原 一憲
田邉 智唯
鈴木 伸洋
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ79巻・ 2号, p.226-228(2013-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (4625KB) 
抄録日本周辺海域においてカツオの産卵個体群が存在することを,組織学的手法により明らかにした。産卵個体は与那国島では4~6月,串本沖では6~8月に出現した。2月にのみ標本が得られた沖ノ鳥島周辺海域では38.5%が産卵個体であった。これらの事から,カツオは日本周辺海域においても産卵を行い,夏季には本州太平洋沿岸域の串本沖まで産卵場を拡大することが示唆された。
索引語日本周辺海域;組織学的手法;産卵個体;カツオ;串本沖;カツオ産卵個体;観察;産卵;産卵個体群;存在
引用文献数15
登録日2014年01月09日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat