沖合底曳網漁船の船体運動の周波数.・時間特性の推定

沖合底曳網漁船の船体運動の周波数.・時間特性の推定

レコードナンバー851719論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011795NACSIS書誌IDAN10278554
著者名木村 暢夫
藤森 康澄
安間 洋樹
前川 和義
書誌名水産工学
別誌名Fisheries engineering
発行元日本水産工学会
巻号,ページ49巻・ 3号, p.167-175(2013-02)ISSN09167617
全文表示PDFファイル (5471KB) 
抄録漁船の転覆事故や大角度傾斜に至る過程を明らかにするためには,船体運動の動的な変化をたどることが有効的方策である。漁労作業時の船体運動は必ずしも定常状態でなく操業過程で瞬間的に変化するため,操業の各過程における運動の特性を把握することが重要となる。そこで,運動の時間と周波数特性を同時に推定できるウエブレット解析に着目した。筆者等は,ウエブレット解析を160GT型沖合底曳網漁船の航走時とかけ回し操業時における船体運動に適用した。その結果,操業過程で変化する状態で運動特性を適切に推定することができた。さらに,船体と出会い波との共振による運動の周期的な変化を示唆した。
引用文献数10
登録日2014年01月16日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat