飼育下のクマエビの生残と潜泥行動に及ぼす冬季の低水温の影響

飼育下のクマエビの生残と潜泥行動に及ぼす冬季の低水温の影響

レコードナンバー851746論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034689NACSIS書誌IDAA12360235
著者名上田 幸男
書誌名徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究所研究報告 = Bulletin of Tokushima Prefectural Agriculture, Forestry and Fisheries Technology Support Center Fisheries Research Institute
別誌名Bull. Tokushima. Pref. Fish. Res. Ins.
徳島水研報
発行元徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究所
巻号,ページ9号, p.21-24(2013-03)ISSN13472763
全文表示PDFファイル (2146KB) 
抄録2011年11月から2012年1月において紀伊水道の水深50mから採取した砂泥を30Lパンライト水槽および400Lダイライト水槽に敷設し,体重 33~67gのクマエビを流水下で飼育した。不定期ながら毎日1回の割合で観察し,冬季の低水温がクマエビの生残と潜泥行動に及ぼす影響を調べた。その結果,30L水槽では13.4℃以上で全ての個体が完全に潜泥していたが,それ以下になると潜泥が不完全になり,11.8℃以下になると完全に露出した。さらに,10.5℃以下になると横臥状態になり,数日後に死亡がみられた。400L水槽では13℃以下になると死亡がみられはじめ,10℃前後で全ての個体が死亡した。このことから自然界においても13℃以下の低水温はクマエビを疲弊させ,生残率を低下させるものと推定される。
索引語クマエビ;死亡;生残;飼育;個体;冬季;水槽;前後;このこ;紀伊水道
引用文献数8
登録日2014年01月16日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat