浜田川からの栄養塩流出負荷量推計手法の検討

浜田川からの栄養塩流出負荷量推計手法の検討

レコードナンバー851828論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014218NACSIS書誌IDAA11152050
著者名岩田 杉夫
遠藤 忠嗣
井上 隆信
書誌名愛知県環境調査センター所報 = Bulletin of Aichi Environmental Research Center
発行元愛知県環境調査センター
巻号,ページ40号, p.15-24(2013-03)ISSN21864624
全文表示PDFファイル (1489KB) 
抄録豊橋市浜田川からの栄養塩流出負荷量について詳細な調査を実施し,中小河川からの流出負荷量の推計手法を検討した。この報告では,平水時及び降雨時調査の流量,水質データを基に,対数法及び直接法を用いて窒素及びリンについてL-Q式を作成し,得られたL-Q式と流量連続データを用いて流出負荷量を算出した。2009年8月から2011年7月の年平均で比流出負荷量は,全窒素で13.5×10 3kg・km-2・y-1(対数法),17.1×10 3kg・km-2・y-1(直接法),全リンで2.49×10 3kg・km-2・y-1(対数法),3.65×10 3kg・km-2・y-1(直接法)と推定された。これらの値は,原単位法に基づく推定値に比べ,全窒素で4.0倍(対数法),5.1倍(直接法)及び全リンで4.8倍(対数法),7.0倍(直接法)大きい値となった。
索引語対数法;直接法;検討;値;全窒素;全リン;流出負荷量;用いて窒素;用いて流出負荷量;浜田川
引用文献数19
登録日2014年01月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat