鶏糞肥料の施用がコシヒカリの生育・収量および品質に及ぼす影響

鶏糞肥料の施用がコシヒカリの生育・収量および品質に及ぼす影響

レコードナンバー851865論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010647NACSIS書誌IDAA11845727
著者名春日 重光
岡部 繭子
丸山 悟
書誌名信州大学農学部AFC報告
別誌名Bulletin Shinshu University Alpine Field Center
信州大学農学部アルプス圏フィールド科学教育研究センター報告
発行元信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
巻号,ページ11号, p.55-58(2013-03)ISSN13487892
全文表示PDFファイル (331KB) 
抄録供試した3種類の鶏糞肥料は,収量面,品質面から見て有機栽培用の肥料として十分利用可能で,その施用方法によっては化学肥料を用いた慣行法並の収量および品質が確保できると考えられた。特に,微生物試料を給与した鶏の糞を乾燥しペレット化した「イセペレット」は,現物の散布量も少なく,ペレットのため散布する際も機械対応が容易であることから,鶏糞肥料として有望であると考えられた。
索引語鶏糞肥料;収量;品質;供試;肥料;施用;コシヒカリ;生育;影響;鶏
引用文献数4
登録日2014年01月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat