名古屋市におけるトータルダイエット試料の分析による放射性セシウム摂取量の推定

名古屋市におけるトータルダイエット試料の分析による放射性セシウム摂取量の推定

レコードナンバー851918論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名宮崎 仁志
加藤 陽康
加藤 友香里
土山 智之
寺田 久屋
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ54巻・ 2号, p.151-155(2013-04)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (639KB) 
抄録東海地域の一日摂取量に基づいて名古屋市内で食品を購入し,調製したマーケットバスケット方式によるトータルダイエット試料について,ゲルマニウム半導体検出器付きガンマ線スペクトロメータにより放射性セシウム(Cs)濃度を測定し,被ばく線量を算出した。福島原発事故前の2006年に調製した試料から放射性Csは検出されなかった。事故から5か月後の2011年8月に調製した試料のうち,3群(砂糖,菓子類),8群(その他野菜,海藻,きのこ類)および10群(魚介類)から放射性Csが検出された。1年5か月後の2012年8月に調製した試料では,8群および10群からCs-137のみが検出された。放射性Csによる預託実効線量は,2011年が0.0015mSv,2012年が0.00016mSvであった。
索引語試料;調製;検出;トータルダイエット試料;ゲルマニウム半導体検出器付きガンマ線スペクトロメータ;放射性Cs;名古屋市;分析;放射性セシウム摂取量;推定
引用文献数2
登録日2014年01月23日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat