ウメ第2回系統適応性検定試験の概要

ウメ第2回系統適応性検定試験の概要

レコードナンバー851948論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011205NACSIS書誌IDAA11651673
著者名八重垣 英明
山口 正己
土師 岳
末貞 佑子
安達 栄介
鈴木 勝征
内田 誠
書誌名果樹研究所研究報告 = Bulletin of the National Institute of Fruit Tree Science
別誌名Bulletin of the NARO Institute of Fruit Tree Science
Bull. Natl. Inst. Fruit Tree Sci
果樹研報
発行元農業技術研究機構果樹研究所
巻号,ページ15号, p.39-46(2013-03)ISSN13473549
全文表示PDFファイル (712KB) 
抄録1.ウメ第2回系統適応性検定試験は「ウメ筑波7号」から「ウメ筑波10号」までの4系統を供試し,全国15の公立試験研究機関の参加により1999年から2008年まで実施された。2.「ウメ筑波7号」はヤニ果の発生があるものの,滴定酸度が高く,完熟果は香りが強くなり,梅酒や梅ジュースに加工すると独特の芳香があることから,平成23年3月18日に‘翠香’として品種登録された。3.「ウメ筑波8号」は大果でヤニ果の発生は少ないものの,果実重は‘南高’と同程度で収穫期も重なり,雄性不稔性で‘南高’などの受粉樹にならず,短果枝の着生が‘南高’よりも少ないため,収量も高くないことなどの理由から本系統は2007年で中止と判断された。4.「ウメ筑波9号」は‘織姫’と同じく果皮の地色が黄色になるまで樹上で熟することができ,果実は‘織姫’よりもやや大きいものの,収量が少ないことと‘織姫’との区別性が少ないことなどの理由から本系統は2005年度で中止と判断された。5.「ウメ筑波10号」は果実が大きく,果皮全面に着色し,成熟に伴い果肉も鮮紅色に着色すると判定され,付加価値の高い梅酒加工に適することから‘露茜’と命名され,2009年2月26日に品種登録された。また,2011年3月に優良農作物「うめ農林3号」として認定された。
索引語南高;織姫;果実;ヤニ果;発生;品種登録;収量;理由;本系統;中止
引用文献数8
登録日2014年01月23日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat