登熟段階別の気象要因がコムギの穂発芽発生に及ぼす影響

登熟段階別の気象要因がコムギの穂発芽発生に及ぼす影響

レコードナンバー851977論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名中園 江
大野 宏之
吉田 ひろえ
中川 博視
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ82巻・ 2号, p.183-191(2013-04)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (1082KB) 
抄録登熟期間中の気象がコムギの穂発芽の発生に及ぼす影響について,ガラス室および圃場で栽培した穂発芽耐性の異なる農林61号とシロガネコムギを対象に解析した。開花期から成熟期の間に採取した穂を吸水させ,15℃,10日間過湿状態に置いた時の穂全体の発芽率を穂発芽率として解析の対象とした。ガラス室において開花期から成熟期までの気温を13℃から25℃の範囲で一定に制御した結果,登熟期間中の平均気温と成熟期の穂発芽率には有意な正の相関が認められた。圃場では年次や作期により登熟期間中の気温および降水日数,積算降水量は変動し,登熟期間中の平均気温と成熟期の穂発芽率の相関はガラス室と比較して低かった。開花から成熟までの登熟段階を,気温から推定した子実含水率により10%毎に区分し,段階別の気象と成熟期の穂発芽率との関係について解析した結果,2品種に共通して子実含水率50%から生理的成熟期までの平均気温と穂発芽率に有意な正の相関が認められた。農林61号では,同じ登熟段階の降水日数と穂発芽率との間にも正の相関が得られた。また積算降水量はいずれの段階においても穂発芽率との相関は認められなかった。これらのことから,子実が急速に乾燥する直前の時期の高温と雨ぬれの継続により,成熟期の穂発芽の発生危険度が高まることが示唆された。
索引語成熟期;穂発芽率;穂発芽;開花期;正の相関;段階;気温;ガラス室;解析;平均気温
引用文献数28
登録日2014年01月23日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat