アセチル化木材と高耐朽性樹種の耐朽性評価

アセチル化木材と高耐朽性樹種の耐朽性評価

レコードナンバー852083論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012092NACSIS書誌IDAN00240373
論文副題屋外用途(ウッドデッキ等)を想定して
著者名酒井 温子
池上 智重
民谷 浩二
書誌名木材保存
発行元日本木材保存協会
巻号,ページ39巻・ 1号, p.24-31(2012-11)ISSN02879255
全文表示PDFファイル (3019KB) 
抄録アセチル化木材(ラジアタパイン辺材,アセチル化度19%以上)と16種の高耐朽性樹種等について,JIS K 1571:2010「木材保存剤-性能基準及びその試験方法」5.2.1.1注入処理用に準拠して,室内耐朽性試験を実施した。その結果,腐朽操作前に耐候操作(流水中の浸せきと60℃乾燥の10回繰り返し)を実施しても,今回使用したアセチル化木材は,イペ,ウリン等の一部の高耐朽性樹種と共に,オオウズラタケおよびカワラタケによる質量減少率が3%以下となり,高い耐朽性と耐候性を有すると判断された。また,今回使用したアセチル化木材は,4mの板材の木口端部付近のみならず中央付近においても,同様の高い耐朽性能を示した。一方,一般に高耐朽性樹種と呼ばれる木材の中には,腐朽操作前に耐候操作を実施すると,腐朽による質量減少率が増加する樹種があった。この特徴を持つ樹種については,雨水や直射日光に直接暴露される野外よりも,屋内(湿潤環境含む)で使用することが適すると考えられた。
索引語アセチル化木材;高耐朽性樹種;樹種;実施;腐朽操作前;耐候操作;今回使用;質量減少率;イペ;ウリン
引用文献数13
登録日2014年01月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat