フェレットの後腹膜奇形腫の1例

フェレットの後腹膜奇形腫の1例

レコードナンバー852308論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名大橋 英二
合山 尚志
古林 与志安
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ66巻・ 4号, p.253-256(2013-04)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (2285KB) 
抄録4歳,避妊手術済雌のフェレットが3日間の食欲低下を主訴に来院し,身体検査及びX線像により左腎領域に巨大な腫瘤を認めたため開腹手術を行った。周囲組織と重度癒着した腫瘤が腹腔内を占拠し,左腎が腫瘤内に埋没していたため,左腎の合併切除により腫瘤を摘出した。術中に左側副腎は見られなかった。病理組織学的に,表皮・皮膚付属器様組織,骨・軟骨様組織,神経様組織,腸上皮様組織及び眼杯様構造など成熟した多彩な組織が混在し,奇形腫と診断した。腫瘍組織内に副腎組織は認められなかった。本腫瘍の発生母地は明確にできなかった。術中に左側副腎を確認できなかったことから,左側副腎由来であったと推測された。
索引語腫瘤;フェレット;左腎;左側副腎;避妊手術済雌;食欲低下;身体検査;X線像;左腎領域;開腹手術
引用文献数17
登録日2014年02月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat