根圏制御栽培ハウスブドウ巨峰における裂果防止対策技術

根圏制御栽培ハウスブドウ巨峰における裂果防止対策技術

レコードナンバー852430論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010304NACSIS書誌IDAN00173902
著者名須藤 貴子
小林 正明
書誌名栃木県農業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Tochigi Prefectural Agricultural Experiment Station
Bulletin of the Tochigi Agricultural Experiment Station
発行元栃木県農業試験場
巻号,ページ71号, p.45-54(2013-03)ISSN03889270
外部リンク
全文表示PDFファイル (7579KB) 
抄録根圏制御栽培ハウスブドウ巨峰の収穫前の裂果を減少させるため,果粒肥大期から着色期のかん水管理および遮光,ハウス内湿度と裂果との関係について検討し,裂果防止対策となる栽培条件を明らかにした。1.裂果は,着色期以降観察された。満開後30日以降に日かん水量を減少させると裂果は多発した。日かん水量を着色期以降減少させると,裂果の発生は少なかった。2.着色後期の果粒横径は,晴天日は11:00~16:00に収縮し,曇雨天日は2:00~11:00に停滞または肥大した。曇雨天日が連続すると,果粒は肥大し続けた。3.安定した果実生産のできるかん水管理は,1樹あたりの日かん水量を着色期以降晴天日6l,曇雨天日1lを基準とし,盛土内の土壌水分の極端な乾湿を避けることがよいと考えられた。4.裂果の発生は,ハウス内湿度を日平均70%以下に保つことにより抑制できた。5.遮光による裂果への影響は認められなかった。
索引語裂果;減少;日かん水量;根圏制御栽培ハウスブドウ巨峰;裂果防止対策技術;肥大;かん水管理;遮光;ハウス内湿度;発生
引用文献数13
登録日2014年02月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat