東京湾生物相モニタリング調査(2)

東京湾生物相モニタリング調査(2)

レコードナンバー852452論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024258NACSIS書誌IDAA1215535X
論文副題マアナゴ(Conger myriaster)の餌生物の動向について
著者名田島 良博
久保島 康子
書誌名神奈川県水産技術センター研究報告
別誌名Bulletin of the Kanagawa Prefectural Fisheries Technology Center
神水セ資料
発行元神奈川県水産技術センター
巻号,ページ6号, p.25-33(2013-03)ISSN18808905
全文表示PDFファイル (1683KB) 
抄録1 1992~2011年の生物相モニタリング調査の結果をもとに、餌生物の資源動向について検討を行った。その結果、2001年以前と比べ2002年以降には、平均CPUEで1/3程度まで低下した。2 月別CPUEの低下は春から夏にかけて顕著で、この時期の餌料環境が大きく低下したことが明らかとなった。3 春から夏に主漁期を迎えるマアナゴでは、前年の幼魚と主漁期の資源量指数との間に高い相関が見られたが、餌生物の減少とともにこの関係が崩れた。4 海洋観測の結果から、冬季には外洋系水の影響による水温と塩分の上昇が認められた。また、近年貧酸素化する水域が拡大し、解消時期が遅れる傾向が認められた。このような変化は、餌生物の分布のみならず、繁殖や生残に大きな影響を与えていると考えられた。5 餌生物の種組成の変化は2001-2002年を境界に起こったが、量の減少はそれにやや遅れて起こった。マアナゴ資源の減少は、この量的変化による影響ではないかと推察される。
索引語餌生物;春;夏;低下;減少;影響;Conger myriaster;変化;結果;平均CPUE
引用文献数28
登録日2014年02月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat