イネ登熟期が記録的な猛暑となった平成22年産米のデンプン特性及び蒸米酵素消化性

イネ登熟期が記録的な猛暑となった平成22年産米のデンプン特性及び蒸米酵素消化性

レコードナンバー852467論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020787NACSIS書誌IDAN10034389
著者名奥田 将生
上用 みどり
高橋 圭
後藤 奈美
高垣 幸男
池上 勝
鍋倉 義仁
書誌名日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan
発行元日本醸造協会
巻号,ページ108巻・ 5号, p.368-376(2013-05)ISSN09147314
全文表示PDFファイル (4277KB) 
抄録イネ登熟期が全国的に記録的な猛暑となった平成22年産米のデンプンの性質および蒸米の酵素消化性について検討した。これまでの報告から予測されるとおり,猛暑となった平成22年産米はデンプン糊化温度が高く,蒸米酵素消化性は気中放置により低下しやすかった。一方,同一県内で採取された試料でも,糊化温度と酵素消化性にバラツキがみられた。特に出穂時期が遅い試料は酵素消化性の低下がゆるやかであった。米粒のアルカリ崩壊性について観察したところ平成21年産米が大きく崩壊したのに対し平成22年産米はアルカリに抵抗性を示した。以上,平成22年のような記録的な猛暑であっても蒸米の酵素消化性が悪くこれまでの知見が適用できることを確認するとともに,アルカリ崩壊性により簡便にデンプンの性質を明らかにできる可能性が示唆された。
索引語猛暑;イネ登熟期;蒸米酵素消化性;酵素消化性;デンプン;蒸米;デンプン特性;性質;低下;試料
引用文献数23
登録日2014年02月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat