CaCCO法を用いた草本系原料からのバイオエタノール製造技術の開発

CaCCO法を用いた草本系原料からのバイオエタノール製造技術の開発

レコードナンバー852468論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039427NACSIS書誌IDAA12509099
論文副題CaCCOプロセスの改良,酵素糖化工程および酵素生産工程の最適化
著者名池 正和
城間 力
朴 正一
徳安 健
書誌名応用糖質科学
別誌名日本応用糖質科学会誌応用糖質科学
発行元日本応用糖質科学会
巻号,ページ3巻・ 2号, p.129-135(2013-05)ISSN21856427
全文表示PDFファイル (6233KB) 
抄録稲わらなどの草本系バイオマス原料には,セルロースやキシランなどの細胞壁成分以外にも,澱粉やショ糖などの易分解性糖質が存在し,その種類・含有量は,原料品種,生育過程,貯蔵方法などにより異なることが明らかとなっている。我々は,易分解性糖質を含む原料中の糖質成分を効果的にエタノールに変換できるCaCCO(Calcium Capturing by Carbonation)プロセスを開発した。本法は水酸化カルシウム前処理物の中和に二酸化炭素を用いることを特徴としており,固液分離工程を含まないシンプルなプロセスであるため,易分解性糖質や前処理により可溶化した糖質を効果的に利用できる等のメリットがある。前処理条件の検討により,湿潤原料の安定的貯蔵や前処理コスト低減などに有効な改良型CaCCO(RT-CaCCO)プロセスを構築した。CaCCOプロセスにおける酵素糖化工程について検討を行い,二酸化炭素加圧条件下で糖化反応を行うことが有効であることを見出した。また,糖化酵素の効率的生産技術として,Trichoderma reeseiを用いた可溶性糖質連続フィード培養基盤技術を構築した。
索引語プロセス;易分解性糖質;開発;CaCCOプロセス;酵素糖化工程;検討;構築;稲わら;キシラン;糖質
引用文献数13
登録日2014年02月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat