スネークヘッド幼魚のAeromonas hydrophila感染症

スネークヘッド幼魚のAeromonas hydrophila感染症

レコードナンバー852538論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名Duc P.M.
Tuan T.N.
畑井 喜司雄
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ48巻・ 2号, p.48-51(2013-06)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (2498KB) 
抄録Aeromonas属の数種は淡水魚と海水魚の病原体として知られている。ベトナムの養殖スネークヘッドに出血性の病変を示す病気が見られたことから,病魚から細菌の分離培養を行い,分離された細菌の同定を行い,それらがA. hydrophilaであることを生化学性状およびPCRによって証明した。また,それらの細菌の1株を用いてスネークヘッド幼魚に対する病原性試験を実施した結果,養殖魚に見られた症状と同一の出血性の病変が再現され,また感染魚からは接種菌が再分離された。LD50は1.2×10 5CFU/魚であった。このことから今回の養殖スネークヘッドの出血性疾病はA. hydrophilaに起因する細菌病であることが立証された。ベトナムでスネークヘッドのエロモナス症が正式に報告されるのはこれが初めてである。
索引語細菌;Aeromonas hydrophila感染症;出血性;ベトナム;養殖スネークヘッド;病変;行い;スネークヘッド幼魚;数種;PCR
引用文献数20
登録日2014年02月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat