ホウレンソウの養液栽培における硝酸塩要求量と硝酸塩施用に基づいた培養液の量的管理法

ホウレンソウの養液栽培における硝酸塩要求量と硝酸塩施用に基づいた培養液の量的管理法

レコードナンバー852562論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014358NACSIS書誌IDAN00239465
著者名竹井 美樹
鈴木 茂敏
書誌名名城大学農学部学術報告
別誌名Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Meijo University
発行元名城大学農学部
巻号,ページ49号, p.25-32(2013-03)ISSN09103376
全文表示PDFファイル (2522KB) 
抄録ホウレンソウの養液栽培における培養液の量的管理の可能性を評価するため,湛液水耕法で育てたホウレンソウの硝酸塩吸収,硝酸塩施用の時期と間隔,成長と品質を調べた。異なる濃度の硝酸イオン濃度(2,4,6,8,10me/L)の培養液を用いてEC管理法で栽培し,硝酸イオン吸収量と成長量との関係を調べた結果,可販サイズ(約25g)の成長に必要な硝酸イオン量は1株あたり649mgと推定された。園試処方の塩類組成に基づいて一定量の硝酸イオン量を施用し,施用時期と間隔の影響を調べた結果,1個体あたり425mgの硝酸イオン量を栽培開始時に全量施用する方法でも栽培が可能であることが明らかとなった。また,この時栽培終了時の培養液中栄養素濃度は著しく低下し,肥料の施肥効率が著しく高まり,葉中硝酸イオン濃度も低下した。
索引語培養液;ホウレンソウ;硝酸イオン量;養液栽培;硝酸塩施用;栽培;成長;間隔;結果;低下
引用文献数24
登録日2014年02月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat