水稲「にこまる」の育苗箱全量施肥による疎植栽培

水稲「にこまる」の育苗箱全量施肥による疎植栽培

レコードナンバー852569論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038090NACSIS書誌IDAA12462891
著者名古賀 潤弥
生部 和宏
里中 利正
田畑 士希
書誌名長崎県農林技術開発センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nagasaki Agricultural & Forestry Technical Development Center
発行元長崎県農林技術開発センター
巻号,ページ4号, p.19-36(2013-03)ISSN18848605
全文表示PDFファイル (7271KB) 
抄録水稲「にこまる」の育苗箱全量施肥による疎植栽培技術について検討した。1)育苗箱全量施肥による「にこまる」の育苗では苗が伸長しやすく苗マット強度も不十分になる傾向があった。2)苗の徒長は,排水性の改善と育苗期間の短縮により回避できた。3)育苗期間を短くすることで発生する苗マット強度の低下は,播種量の増加により改善でき移植に適した苗にすることができた。4)水稲「にこまる」の育苗箱全量施肥栽培にはLPS120日タイプの被覆尿素肥料が適しており,また,窒素を40%の減肥しても標準施肥と遜色ない収量,品質が得られた。
索引語苗;育苗箱全量施肥;水稲;育苗期間;疎植栽培;苗マット強度;改善;疎植栽培技術;減肥;育苗
引用文献数12
登録日2014年02月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat