生物活性物質探索資源としての菌類研究

生物活性物質探索資源としての菌類研究

レコードナンバー852600論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017925NACSIS書誌IDAN00187816
著者名増間 碌郎
野中 健一
書誌名日本菌学会会報 = Transactions of the Mycological Society of Japan
別誌名日本菌学会会報
日本菌学会会報
Japanese journal of mycology
Nippon Kingakukai kaiho
日菌報
Trans. Mycol. Soc. Japan
発行元日本菌学会
巻号,ページ54巻・ 1号, p.1-14(2013-05)ISSN00290289
全文表示PDFファイル (5354KB) 
抄録創薬探索の資源に糸状菌を取り入れ多くの新規生物活性物質の発見につながった。単離された化合物のいくつかは,現在農医薬品や生化学試薬として開発中である。糸状菌の分離源として生物相が豊富と言われている亜熱帯や固有の生物相が見られる海洋島等ユニークな環境に注目することにより多くの未発見や分離頻度の低い菌が分離されることを明らかにした。微生物が持っている物質生産能を引き出すひとつの方法として異種微生物の共培養により新規化合物や生産の増加を引き出す等,共培養法の有効性を示した。最後に糸状菌由来の新規物質探索への考察を試みた。
索引語糸状菌;生物相;菌;生物活性物質探索資源;菌類研究;分離;発見;化合物;微生物;共培養
引用文献数54
登録日2014年02月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat