コラーゲンペプチド経口摂取による加齢モデルラットでのコラーゲン組織形成促進効果

コラーゲンペプチド経口摂取による加齢モデルラットでのコラーゲン組織形成促進効果

レコードナンバー852647論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名伊藤 良一
杉谷 政則
稲垣 宏之
瀬戸口 裕子
内田 裕子
伊藤 建比古
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ60巻・ 6号, p.278-285(2013-06)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (3795KB) 
抄録低タンパク食の継続摂取により,コラーゲン合成が低下し老化状態に類似したモデル動物が得られることが報告されている。今回加齢モデル動物でのコラーゲンペプチドの有効性を検討するために,タンパク含有率6%の低タンパク飼料を3週間与えたWistar系の雄ラットにホルマリン濾紙法により皮下肉芽組織形成を誘導し,コラーゲンペプチドの経口投与が肉芽組織コラーゲン量の増加に及ぼす影響を検討した。また,他の食品由来ペプチド,タンパクの作用とも比較した。次の結果が得られた。(1)低用量群0.2g/k体重,中用量群1.0g/kg体重,高用量群5.0g/kg体重のコラーゲンペプチドおよび対照群として水を7日間経口投与した。その結果,肉芽組織湿重量の濃度依存的な増加がみられた。また肉芽組織中に含まれるHYP量は肉芽組織湿重量と正の相関(相関係数0.837)を示した。(2)コラーゲン線維を特異的に染色するシリウスレッド染色により組織画像解析を行った。画像デジタル処理により肉芽組織の量,コラーゲン線維の密度,コラーゲン線維の量を求めたところ肉芽組織の量,コラーゲン線維の密度はコラーゲンペプチド摂取によって増加傾向が見られ,同じくコラーゲン線維の量に関しては有意に増加が認められた。(3)コラーゲンペプチド,カゼインペプチド,大豆ペプチド,乳タンパクをタンパク濃度1.0g/kg体重となるよう経口投与し対照群と比較した。タンパク源投与群全ての群で肉芽組織湿重量の増加が認められた。特に,肩甲骨の肉芽組織湿重量はコラーゲンペプチドおよびカゼインペプチドで有意な上昇がみられた。仙骨両側の肉芽組織湿重量も肩甲骨の肉芽組織と同じくタンパク源投与群全ての群で湿重量の増加傾向が示されたが,有意差はコラーゲンペプチドのみみられた。肉芽組織中の水分含率に差はみられなかった。肉芽組織中に含まれるHYP量については肉芽組織湿重量と同様の傾向を示し,コラーゲンペプチド摂取によるHYP量増加が有意差をもって確認された。その他のタンパク源についても増加が示されたが,対照群と比較して有意な差ではなかった。これらの結果より,加齢モデルラットにおけるコラーゲンペプチドの経口投与は肉芽組織でコラーゲン量を濃度依存的に増加することが示された。また,ペプチド,タンパクの投与は種類に関わらず肉芽組織湿重量を増加させたが,本実験においてHYP量の増加とあわせて有意差が認められたのはコラーゲンペプチドのみで,組織コラーゲン量の増加におけるコラーゲンペプチドの優位性が示唆された。
索引語肉芽組織湿重量;増加;コラーゲンペプチド;量;肉芽組織;HYP量;コラーゲン線維;タンパク源投与群全て;経口投与;比較
引用文献数14
登録日2014年02月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat