渇水問題と制度的対応

渇水問題と制度的対応

レコードナンバー852793論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
論文副題2009年カリフォルニア渇水銀行を中心に
著者名遠藤 崇浩
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ26巻・ 3号, p.297-305(2013-05)ISSN09150048
全文表示PDFファイル (1587KB) 
抄録カリフォルニア渇水銀行(California drought water bank,以下,渇水銀行)は,米国カリフォルニア州で展開されている渇水対応策である。1987年から1992年にかけて同州を襲った記録的な渇水において初めて実験的に導入されて以来,同州の渇水対策として定着した。渇水銀行の特徴は,渇水時における水の配分問題を,利水者同士の自発的な水取引を促すことで解決を試みる点にある。つまり渇水銀行とは市場メカニズムの要素を取り入れた水の再配分政策といえる。これまでの先行研究によって,制度の概要,長所および問題点などが明らかにされてきたが,直近の2009年の取り組みについては,詳細な研究がなされていない。さらに研究動向全体を通じて渇水銀行における政府の役割,とりわけ水利権の許認可行政の詳細が明らかにされていない。そこで本稿では,2009年の取り組みに注目しつつ,渇水銀行における水利権の許認可行政の仕組みを明らかにし,市場方式の要素を取り入れた水の再配分政策であっても一定の政府活動の余地を残す必要があることを示す。
索引語渇水銀行;水;同州;渇水;要素;再配分政策;取り組み;水利権;許認可行政;研究
引用文献数28
登録日2014年02月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat