2バイトテクスチャー試験(TPA)で得られるパラメータと超音波パルスドプラー法で求められる咽頭部流速との関係

2バイトテクスチャー試験(TPA)で得られるパラメータと超音波パルスドプラー法で求められる咽頭部流速との関係

レコードナンバー852803論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014033NACSIS書誌IDAA12076107
著者名谷米 温子
小倉 聖美
秋間 彩香
神山 かおる
熊谷 日登美
熊谷 仁
書誌名日本食品工学会誌 = Japan journal of food engineering
別誌名日本食品工学会誌
JSFE
発行元日本食品工学会
巻号,ページ14巻・ 2号, p.87-96(2013-06)ISSN13457942
全文表示PDFファイル (1639KB) 
抄録2-バイトTPA(Texture Profile Analysis)試験から求められるパラメータと咽頭部通過時の食物の流速との関係について検討した。TPA試験は,厚生労働省の「えん下困難者用食品」の基準法に準拠して行ったが,プランジャー速度については,基準にある10mm/sに加えて1mm/sについても検討を行った。得られたTPA曲線から3つのパラメータ「硬さ」(hardness),「付着性」(adhesiveness),「凝集性」(cohesiveness)を求めた。咽頭部の流速は,超音波パルスドプラー法により測定した。3つのパラメータの中では「硬さ」が,誤嚥の危険性の尺度と報告のある咽頭部最大流速Vmaxとの相関が最も高く,嚥下困難者用介護食の指標として適していると考えられた。一方,「凝集性」は,試料の性状によって変化し,咽頭部流速分布との相関がみられなかった。このことは,「えん下困難者用食品」の基準にある試料を円筒容器に入れての測定が液状の試料には妥当でないことを示唆している。3つのパラメータに対するVmaxのプロットの形はプランジャー速度10mm/sと1mm/sであまり変わらなかった。このことから,TPA試験におけるプランジャー速度に関しては,装置依存性があまりないという報告のある1mm/sの方が10mm/sより適していることが示唆された。
索引語パラメータ;このこ;試料;超音波パルスドプラー法;関係;流速;プランジャー速度;基準;検討;TPA試験
引用文献数15
登録日2014年02月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat