輸入茶中の残留農薬実態(1992年4月~2010年3月)

輸入茶中の残留農薬実態(1992年4月~2010年3月)

レコードナンバー852839論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名小林 麻紀
大塚 健治
田村 康宏
富澤 早苗
木下 輝昭
上條 恭子
岩越 景子
佐藤 千鶴子
永山 敏廣
高野 伊知郎
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ54巻・ 3号, p.224-231(2013-06)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (1744KB) 
抄録1992年4月から2010年3月にかけて東京都内で市販されていた輸入茶116検体について農薬の残留調査を行った。その結果,76検体から22種類の有機リン系農薬,有機塩素系農薬,ピレスロイド系農薬などが痕跡値(0.01ppm未満)~4.0ppmの範囲で検出された。検出率は,不醗酵茶90%,半醗酵茶89%,醗酵茶49%と醗酵茶で低く,また,菌を使った発酵を行うプーアル茶では,有機リン系農薬は検出されなかった。発酵工程により農薬は減少するが,化学的に安定な有機塩素系農薬やピレスロイド系農薬は減少しにくく,検出されやすいことが示唆された。農薬が検出された輸入茶を喫食した場合の農薬の推定摂取量を算出し,一日摂取許容量(ADI)と比較したところ,エチオン45%を除いて各農薬ADI値の1%未満であり,通常の飲食による健康影響はないものと考えられた。
索引語農薬;検出;有機リン系農薬;有機塩素系農薬;ピレスロイド系農薬;減少;ADI;残留農薬実態;醗酵茶;発酵
引用文献数10
登録日2014年02月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat