LC/MSを用いた健康食品中のヒドロキシチオホモシルデナフィル,アミノタダラフィル,チオシルデナフィル,ジメチルシルデナフィル,チオジメチルシルデナフィルの一斉分析

LC/MSを用いた健康食品中のヒドロキシチオホモシルデナフィル,アミノタダラフィル,チオシルデナフィル,ジメチルシルデナフィル,チオジメチルシルデナフィルの一斉分析

レコードナンバー852840論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名田上 貴臣
武田 章弘
淺田 安紀子
青山 愛倫
土井 崇広
梶村 計志
沢辺 善之
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ54巻・ 3号, p.232-236(2013-06)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (581KB) 
抄録強壮効果を標榜したいわゆる健康食品からは,医薬品成分が検出された事例がある。また,近年では摘発を逃れるために,強壮効果のある医薬品成分の構造の一部を変えた医薬品成分類似体が検出される事例がしばしば見受けられる。大阪府では,いわゆる健康食品を対象とした試買調査を行っているが,平成23年度における調査において,1つの製品に,医薬品成分類似体5成分が配合されるという事例があった。LC/MSを用いて各成分を同定するためには,各成分を分離する必要があるが,ギ酸アンモニウム/アセトニトリルを用いた酸性条件における分析法では,一部の成分が分離せず,同定が困難であった。今回検討した分析条件は,医薬品成分類似体5成分を分離して同定することが可能であった。また,同じ分子量を有することから,同定が難しいバルデナフィル,ホモシルデナフィル,ジメチルシルデナフィルを明確に分離することも可能であった。以上のことから,今回検討した分析法は,いわゆる健康食品中の医薬品成分の同定法の1つとして有用であると考える。
索引語LC;ジメチルシルデナフィル;同定;分離;医薬品成分;事例;チオジメチルシルデナフィル;健康食品;強壮効果;検出
引用文献数10
登録日2014年02月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat