飼育下における沖縄産タイワンキンギョの繁殖特性

飼育下における沖縄産タイワンキンギョの繁殖特性

レコードナンバー852868論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014138NACSIS書誌IDAN00064044
著者名北川 哲郎
小田 優花
細谷 和海
書誌名近畿大学農学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Agriculture of Kinki University
発行元近畿大学農学部
巻号,ページ46号, p.31-36(2013-03)ISSN04538889
全文表示PDFファイル (2103KB) 
抄録保全対象としての位置づけが曖昧なままにされている絶滅危惧沖縄産タイワンキンギョMacropodus opercularisの固有性の一端を明らかにするため,飼育下における繁殖実験と初期飼育実験による繁殖特性調査を実施した。産卵数は319-581粒(472±110粒,平均値±標準偏差)で,受精卵には水面直下を浮遊するものと底層まで沈降するものの両方が認められた。産卵周期は,一定環境下(水温25±0.5℃,日長14hL-10hD)において4-10日間隔であった。受精卵は産卵後2日で孵化し,仔魚は孵化後6日目に摂餌を開始した。本研究で得られた結果を他地域産個体から得られた知見と比較したところ,沖縄個体群には,大卵化,産卵間隔の短縮,産卵数の増大などの傾向が認められた。沖縄個体群の繁殖特性は地方分化の産物であり,琉球列島に分布する個体群については独自の保全単位を設定し,保護策を講じていく必要があると考えられた。
索引語飼育下;産卵数;繁殖特性;受精卵;沖縄個体群;絶滅危惧沖縄産タイワンキンギョMacropodus;opercularis;産卵周期;仔魚;摂餌
引用文献数15
登録日2014年02月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat